"芸能"の記事一覧

第32回京の噺家桂米二でございます@繁昌亭

★満席SOLD OUT!!★ ☆4/2(火)18:30 桂米二一門会/天満天神繁昌亭 ★満席SOLD OUT!!★ 2月2日(金)に前売&予約開始しましたが、チケットぴあ、繁昌亭、桂米二予約センターともに1時間以内で完売しました。感謝でございます。前回は完売まで10日以上かかりましたけど、今回は凄かったです。チケットをご用…
コメント:0

続きを読むread more

京の噺家桂米二でございます@内幸町ホール

新年おめでとうございます。 年末は少しゆっくりできましたが、年明けはいつもバタバタです。 元日はいつも午後2時半開演の「天満天神繁昌亭新春特別公演」に出演しています。3回公演の2回目です。私のほうからこの時間に出してくださいとお願いしているのです。何故って終演が午後5時で飲み始めるのにちょうど良い時間なのです。1回目…
コメント:0

続きを読むread more

桂米二一門会@繁昌亭と京の噺家桂米二@内幸町

26日「桂米二一門会@繁昌亭」と27日「京の噺家桂米二でございます@内幸町ホール」が終わりました。二日連続で大事な会、しかも大阪、東京だったのでさすがにくたびれました。昨夜はホッとして飲み過ぎましたが……。今は大井町のホテルでゆっくりしております。 どちらの会もお客様は素晴らしくて、演者が理想とする反応、笑い声を返していた…
コメント:1

続きを読むread more

代書・まめだ

「代書」は私の大師匠に当たる……あ、大師匠の意味分かりますか? 師匠の師匠が大師匠。親子関係に例えると父の父でおじいちゃんです。そのおじいちゃん、四代目桂米團治師匠がつくった昭和15年頃の新作落語が「代書」。三代目春團治師匠は「代書屋」と「屋」を付けてはりましたが、原作では「代書」でした。 昭和15年というと、ジョン・レノンが生ま…
コメント:0

続きを読むread more

蔵だしらくご

そうそう、こんなものがありました。今まで一度もご紹介してませんでしたね。米二落語の音源を以前から売ってました。自分の落語を聴くのは好きではありませんが、皆さんに聴いていただくのは大歓迎でございます。 最初に出たのが「はてなの茶碗」で2015年8月17日、サンケイホールブリーゼ収録。この日の出来は……覚えてないですね。ふーん…
コメント:0

続きを読むread more