代書・まめだ

「代書」は私の大師匠に当たる……あ、大師匠の意味分かりますか? 師匠の師匠が大師匠。親子関係に例えると父の父でおじいちゃんです。そのおじいちゃん、四代目桂米團治師匠がつくった昭和15年頃の新作落語が「代書」。三代目春團治師匠は「代書屋」と「屋」を付けてはりましたが、原作では「代書」でした。 昭和15年というと、ジョン・レノンが生ま…
コメント:0

続きを読むread more

大文字

昨日の「桂米二北白川ひとり会」へ来ていただいたお客様、ありがとうございました。三席、気持ちよくしゃべらせてもらいました。 しかし、昨日は大変な一日でした。台風でなかなか交通機関が回復せず来られなかったお客様もありました。私の落語のために右往左往してくださって申し訳なく思います。 私は前回のようにタクシーで北白川へ向かおうとし…
コメント:0

続きを読むread more

ひとり会

最近、凝ってる会がひとり会。桂米二だけしか出ない落語会。誰も頼らずに全部一人でする会。ギャラを独り占めにできる会。責任は全部ひとりで取る会。 チラシを並べてみました。今日もあとほんの少し入れます。
コメント:0

続きを読むread more

ロビー・ロバートソン

数日前、新聞の訃報欄を見てたら、桑原和男さんの隣にロビー・ロバートソンの訃報が……。こっちのほうがズシーンと来てしまった。 そんなに聴きまくった訳ではないけど、私の中では大きな存在だった。一度もライブは見てないが(正式な日本公演はなかったと思う)、映画「ラスト・ワルツ」を何度か見て、本当に見たような気になっている。 …
コメント:3

続きを読むread more

蔵だしらくご

そうそう、こんなものがありました。今まで一度もご紹介してませんでしたね。米二落語の音源を以前から売ってました。自分の落語を聴くのは好きではありませんが、皆さんに聴いていただくのは大歓迎でございます。 最初に出たのが「はてなの茶碗」で2015年8月17日、サンケイホールブリーゼ収録。この日の出来は……覚えてないですね。ふーん…
コメント:0

続きを読むread more